フォニックスで英語発音は良くなる

Nice to meet you!どうもマイクだよ。
このページではフォニックスについて解説するね。

 

英会話が出来ない人の悩みと言えば、

  • 「英語の発音がなんか難しい…」
  • 「ネイティブの会話が聞き取れない」
  • 「ちゃんと伝わるか自信がない…」

 

だよね?それもそのはず、日本ではなぜか【フォニックス】を勉強しないからね。普通、どの国でも小学生に上がる前にはフォニックスを学ぶんだ。

 

えっ?「フォニックス」ってなに?だって?!

 

 

じゃあ、君たちは下の図のようなものを見たことがあるかい?

 

 

幼稚園児・保育園児が小学校の入学前に文字の発音と読み方を習う50音ってやつだよね?アメリカやイギリスなどでも、これと全く同じように幼い子供は【50音=フォニックス】を習うわけ。

 

日本の教育機関は、なぜフォニックスを学ばせないで先に単語やら文法を勉強させるのか不思議でしょうがないよ。これじゃ日本人が正しい発音や読み方が苦手とするのは至極当たり前のこと。

 

このようにフォニックスは基礎中の基礎なので、まずは焦らず一つ一つのアルファベットの発音を話せるようになろう。

 

フォニックスを勉強する利点

発音を良くすること!ひいては英会話スキルをアップさせることばかりに焦点を置いていたけどそれだけじゃない。

 

フォニックスはこれまでの思考回路を変える!ようは…

 

【英語⇒日本語⇒英語】から【英語⇒英語】の英語脳になる。

 

 

日本人のほとんどは英語を一度、日本語に変換してから理解をし、英語に直してる。

 

でも、これっておかしくない?英語なんだから英語で変換できなきゃ。フォニックスで英語に慣れれば英語がポンと頭の中にでてくるようになる。

 

フォニックスを勉強する利点は「聞く」「話す」「書く」「読む」の英語に関わる全ての力がアップすること。

 

そもそも、英単語の読み方に疑問なかった?

たぶん、皆さんは英単語の勉強をするとき、「読み方はこういうもの」だと割り切って覚えていたと思うけど、なんでこんな読み方になるのか不思議に思わなかった?

 

例えば、豚という意味の【Pig】

 

発音は【ピッグ】だよね、正解!でもなんでピッグなの?アルファベット読みなら「ピーアイジー」のはず。その疑問はフォニックス読みで解決するよ。

 

Pig

P

I

G

アルファベット読み

ピー

アイ

ジー

フォニックス読み

 

フォニックス読みだと、プ・イ・グで「プィッグ⇒ピッグ」になる。子音あとの「I」のイは、「イ」じゃなく「ィッ」って感じになる。ではもう一つ例題を出しましょう。

 

 

続いて【Tape】。はい、読み方は【テープ】、カセットテープやセロハンテープの「テープ」だよね。

 

Tape

T

A

P

E

アルファベット読み

ティー

エイ

ピー

イー

フォニックス読み

トゥ

 

あれ?!フォニックス読みはT(トゥ)、A(ア)、P(プ)、E(エ)で「タペ」になるんだけど。。。。

 

 

それは、フォニックスルール【サイレントE】で読むんだよ。

 

サイレントEとは
フォニックスの代表的なルールの一つ。
語尾が【母音+子音+e】のとき、
母音をアルファベット読みをしてeは読まない。

 

サイレントEルールを当てはめていくと

 

T(トゥ)・A(アルファベット読みのエイ)・P(プ)・E(読まない)

 

だから「テイプ」になる。ちなみに日本読みの「テープ」ではネイティブには伝わりにくいよ。「イ」をしっかり発音しよう。

 

Tapeの他にもFive(フ・ァイ・ブ)やHome(ハ・ォー・ム)など、サイレントEルールはありふれているよ。ただ、中には例外(Loveなど)もあるけど中学生で習うような、みんなが知っている単語だけなので心配は御無用!

 

難しい英単語になるほど、フォニックス読みが当てはまるので難しいものほど読みやすかったりするよ。

 

YOUTUBEでわかりやすいフォニックス動画を見つけました(^o^)/

↓↓↓

 

 

フォニックスソングもググればいくらでも出てくる。

↓↓↓

えっ、子供っぽいって?だってフォニックスは幼稚園にはいるくらいの子供が勉強するもんだもの、当然だね。逆にこれを君が小学生になる前に教えられていたなら、英語で苦労することは無かったかもね。

 

1字子音

基本的に1文字1音だけど、「x」はksを組み合わせた音。また、「q」は単体での音はなく、ほとんどが「qu」で発音する。

 

また、「c」と「g」には柔らかい音と硬い音の2種類があるので覚えておこう。

 

子音

発音の仕方

b[ブ] 唇を閉じて、息で唇から押し出すように「ブ」と声を出す。口からおならを「ブッ」とする感じ。[例:job]
p[プ] 唇を閉じて、息で唇から押し出すように「プ」を出す。音を声で出さないで、息の破裂音で「プッ」とオナラを出すイメージ。[例:pen]
硬いc[ク] 下の付け根を上げ、上あごにつけて一気に離し「クッ」と息を出す。喉の奥で出す感じ。音を声で出さないで、息の破裂音で音を出すイメージ。[例:cat]
k[ク] 発音は「硬いc」とおんなじ。[例:key]
硬いg[グ] 下の付け根を上げ、上あごにつけて一気に離し「グッ」と声を出す。喉の奥で出す感じ。[例:get]
柔らかいc[ス] sと同じ。cのあとにe,i,yが続くと柔らかい音になることが多い。[例:rice]
柔らかいg[ジュ] jと同じ。gのあとにe,i,yが続くと柔らかい音になることが多い。[例:gem]
t[トッ] 上の歯茎に軽く舌先をあて、息で舌を弾きだすように「トッ」と出す。音を声で出さないで、息の破裂音で音を出すイメージ。[例:best]
d[ドッ] 上の歯茎に軽く舌先をあて、息で舌を弾きだすように「ドッ」と声に出す。[例:desk]
m[ム・ン] 唇を閉じたまま、鼻から「ンー」と息を出す。例えれば、長嶋茂雄のものまね「ンー、そうですねー」のンー。[例:room]
n[ヌ・ン] 自然に口を開き、舌先を上前歯の歯茎あたりにつけたまま、鼻から「ンー」と息を出す。[例:net]
f[フ] 下唇を上前歯で軽く噛み「フ」と息を漏らす。このとき口角をしっかりと上げるのがポイント。[例:leaf]
v[ヴ] 下唇を上前歯で軽く噛み「ヴ」と声を漏らす。このとき口角をしっかりと上げるのがポイント。[例:above]
s[ス] 上前歯の歯茎に舌先を近づけて「ス」と息を出す。歯茎に舌は触れない。[例:say]
z[ズ] 上前歯の歯茎に舌先を近づけて「ズ」と声を出す。歯茎に舌は触れない。[例:zoo]
z読みのs[ズ] zと発音方法はまったく同じ。[例:i]
l[ル] 上前歯に軽く舌先をあて、話しながら「ルッ」と声を出す。beautifulなど、単語終わりのlは「ゥ」のように聞こえる。[例:lion]
r[ゥルッ] 口をすぼめ舌先は上に巻く(舌先はどこにも触れない)。このまま「ゥルッ」と声を出す。[例:red]
x[クス] kとsを併せた発音。[例:fox]
h[ハ] 大きく口を開けて「ハー」と息を吐き出す。[例:hand]
j[ジュ] 上前歯の歯茎に軽く舌先をあて、強く「ジュ」と声に出す。[例:japan]
w[ウッ] 口をすぼめて「ウッ」と声を出す。コツは「ウ」と「ワ」の中間音を出すとネイティブ。[例:wing]
qu[クゥッ] 口をすぼめて舌の付け根から「クゥッ」と声を出す。アヒルのモノマネをイメージ。[例:quiet]
y[ィヤ] 「嫌」のやの方を強く発音し「ィヤ」と声に出す。[例:yes]

 

ほとんどの子音発音は、日本語読みでもネイティブに伝わるものばかりだけど、難しいのは「f」「v」「l」「r」。1字子音の発音練習をするならこの4つに絞ってもいいくらい。あとの子音は普通に発音しても大体伝わるよ。

 

 

とくに「L」「R」発音の区別は日本人がもっとも苦手。日本語の「ル」はほぼ「L」の発音。。。なのでどうしても「R」と一緒くたに発音しがち。。。徹底的に「R」の練習をして身につけよう。

 

また、「f」や「v」は発音的に、口から息が漏れているだけに感じるけど、英語圏の人にとってはそれも立派な「音」でちゃんと聞きとっている。これもしっかり発音することでネイティブスピーカーに伝わりやすくなる。

 

 

 

1字母音

日本語の「あ・い・う・え・お」的な要素のフォニックス母音。

 

日本語と、同じ発音のようでも口の形、微妙な発音の違いがあるのでしっかり練習しよう。

 

母音

発音の仕方

a[ア] 横に口角を引き「エー」と声を出す。そのまま口を開けていくと「ア」に変わる。その変わり目がフォニックス母音の「ア」。つまり、母音は日本語の「ア」じゃなくて「エ」が主体。[例:map]
e[エ] 口角を横に引いて「エ」と発音。ほとんど日本語の「エ」。[例:egg]
i[イ] 口角を横に強く引いて「イ」と発音。「イ」と「エ」の中間音。[例:ink]
o[ア] あくびのイメージで「ア」と発音。若干、「オ」も混じっている。[例:box]
u[ア] 普通に「ア」と出す。まんま日本語のア。[例:study]

 

なんだか、フォニックスの母音は「ア」ばかりだけど、全くの別物。

 

ant(蟻)は、ネイティブ発音すると「アェントッ」、や「エァントッ」のように聞こえたりする。

 

other(他人)は、なんとなく「ォアザー」に。

 

uncle(叔父)は、「アンクゥ」のように聞こえるかと。

 

 

 

弱母音

「またまた母音???」なんて思った?
フォニックスの母音、実は弱形もあるんだよね。
だから、何度も言っているけど日本語の常識にとらわれてはダメだよ。

 

前の1字つづりの母音がフォニックス読みやサイレントEルールのアルファベット読みになる時は、そこに強いアクセントがあるからなんだよね。

 

逆にアクセントのないところは「弱母音」として発音する。音自体が弱い(聞こえにくい)ので、しっかりとした発音練習しなくても様になるので簡単。

 

弱母音

発音の仕方

弱いa[ア] 自然な口でのどから弱く短く「ァ」。[例:ago]
弱いe[エ] 自然な口でのどから弱く短く「ェ」。[例:problem]
弱いi@[イ] 自然な口でのどから弱く短く「ィ」。若干「ゥ」も足す感じ。[例:animal]
弱いiA[イ] 自然な口でのどから弱く短く「ィ」。[例:tennis]
弱いo[ア] 自然な口でのどから弱く短く「ァ」と「ォ」の中間音。[例:melon]
弱いu[ア] 自然な口でのどから弱く短く「ァ」。[例:success]
弱いar/er/ir/or/ur/[アr] 自然な口でのどから弱く短く「ァr」。[例:dancer]

 

弱母音は簡単でしょ?最後の「アr」の「r」は、日本語の「ダンサー」よりも「ダンサァ」と語尾を短く伸ばす。また、rがあるので軽く舌を巻いて、語尾はこもった音になる感じに。他の例としてelevator(エレベィタァ)など。

 

また、下の方で「母音+r」形の説明もしているので目を通しておこう。

 

 

 

二重子音字

二重子音字は、異なる2つの子音の組み合わせでできた違う音のグループ。

 

とくに練習が必要なのは「th」の発音。「s(ス)」と似て非なる音。ネイティブにも伝わるよう、ちゃんとした発音を心がけよう。

 

二重子音字

発音の仕方

ch[チ] 舌先を上前歯の歯茎に軽く当て、離しながら「チ」と声に出す。発音は日本語の「チ」なので読み方だけ覚えよう。[例:chance]
sh[シュ] 口をすぼめ、舌先を上前歯の歯茎に近づけ、「シュ」と息を出す。発音はほぼ日本語の「シュ」なのでこれも読み方だけ覚えよう。[例:fish]
th[ス] 口角をピンと引き上げて笑顔の口に。舌先を前歯で軽く甘噛みし「ス」と息をだして音を出す。声で「ス」を出すのは間違い。[例:think]
th[ズ] 途中まではth(ス)と一緒の形だが、最後は声で「ズ」と発声する。こっちは日本語の「ズ」なので問題なし。[例:this]
gh・ph[フ] fと同じく口角をしっかり上げて下唇を上前歯で軽く噛み「フ」と息を漏らす。感覚はth(ス)と非常に似ている。[例:photo]
wh[ウッ] whだけどhwの順で発声。「ハッ」と息を吐き出し、すぐ口をすぼめ「ウッ」と声に出す。例外としてwhole・whoなどのwh+oのときのwは読まない。[例:what]
ch[ク] 硬いcと同じ。ほぼ日本語の「ク」の発音なので発声練習はいらない。ただ、語中と語尾にだけにくる、つづり字ということだけ覚えておこう。[例:pick]
ng[ング] 舌の付け根を上あごにつけ、離す時に「ン」と鼻から息を抜いて続けて「グッ」。短く言うのがポイント。[例:thing]

 

この中で日本人が苦手とするのは「th」の発音。その理由は、しっかりと「ス」と発音しない、ただ口から空気が漏れたような音は日本語には無いからなんだ。

 

でも英語ではこれでもしっかりとした言葉の音の一つで「ス」と声に出して発言すると全く違う意味になる単語もあるんだ。

 

例えば、地球という意味の「earth」、のthを日本語「ス」で言っちゃうと【肛門】という意味に。

 

もし、これがヒーローのセリフだった場合、「地球の平和を守る!」が「肛門の平和を守る!」と、どこを守ってんねん!とツッコミが入るぞ。

 

 

 

子音ブレンド

2〜3文字の子音からなる複数の音の組み合わせた音は1字1音が原則の日本には馴染みがないため、違和感があると思うけど英語はこういうものだと認識しよう。

 

Sブレンド

発音の仕方

st[ストゥ] 「ス」と息を吐いた後、上歯茎に舌先をつけてる。離したら「トゥッ」と息を吐く。子音ブレンドはいづれも素早く読む。[例:stop]
sc/sk[スク] 「ス」と息を吐いた後、のど奥で舌の付け根をくっつける。離しながら「クッ」と息を吐く。[例:school]
sp[スプ] 「ス」と息を吐いた後、唇を閉じる。一気に口を開き「プッ」と息を吐く。[例:speak]
squ[スクゥ] 「ス」と息を吐いた後、舌の根元で空気の流れを止める。口をすぼめ「クゥッ」と声を出す。[例:square]
sw[スウ] 「ス」と息を吐いた後、口をすぼめ「スッ」と声を出す。[例:sweet]
sm[スム] 「ス」と息を吐いた後、口を閉じる。鼻から「ム」と声を出す。(mのムーが短い感じ)。[例:smile]
sn[スヌ] 「ス」と息を吐いた後、上歯茎に舌先をあてる。舌先を離しながら「ヌ」と声を出す。[例:sneeze]

ほとんど日本語読みなので、楽勝だね。

 

 

○lブレンド

発音の仕方

cl[クル] 舌の付け根上あごにつけた後、離しながら「ク」と息を吐く。すぐ上歯茎に舌先をあてて離しながら「ルッ」と声を出す。[例:clock]
gl[グル] 舌の付け根上あごにつけた後、離しながら「グ」と声を出す。すぐ上歯茎に舌先をあてて離しながら「ルッ」と声を出す。[例:glove]
fl[フル] 下唇に上前歯をつけた後、「フ」と息を吐く。すぐ上歯茎に舌先をあてて離しながら「ルッ」と声を出す。[例:fly]
pl[プル] 口を閉じた後、開きながら「プ」と息を吐く。すぐ上歯茎に舌先をあてて離しながら「ルッ」と声を出す。[例:plant]
bl[ブル] 「ブ」と声に出して、すぐ上歯茎に舌先をあてて離しながら「ルッ」と声を出す。[例:black]

これも簡単。

 

 

○rブレンド

発音の仕方

tr[チュゥル] 上歯茎に舌先をつけた後、舌先を引きながら「チュゥル」と声に出す。[例:tree]
dr[ジュゥル] 上歯茎に舌先をつけた後、舌先を引きながら「ジュゥル」と声に出す。[例:dry]
cr[クゥル] 舌の付け根上あごにつけた後、離しながら「ク」と息を吐く。すぐ舌先を巻き上げ(舌はどこにもつかない)「ゥル」と声を出す。[例:cross]
gr[グゥル] 「グ」と声を出した後、すぐ舌先を巻き上げ(舌はどこにもつかない)「ゥル」と声を出す。[例:grow]
fr[フゥル] 下唇に上前歯を軽くつけた後、「フ」と息を吐く。すぐ舌先を巻き上げ(舌はどこにもつかない)「ゥル」と声を出す。[例:free]
pr[プゥル] 口を閉じた後、開きながら「プ」と息を吐く。すぐ舌先を巻き上げ(舌はどこにもつかない)「ゥル」と声を出す。[例:price]
br[ブゥル] 「ブ」と声に出した後、すぐ舌先を巻き上げ(舌はどこにもつかない)「ゥル」と声を出す。[例:brother]

巻き舌が良い発音のポイント。

 

 

 

3文字ブレンド

3つの音(文字)で、一つの音となる子音グループ。
難しくは無いが、当然だけど母音ははさまないので発音に注意しよう。

 

3文字ブレンド

発音の仕方

spl[スプル] 「ス」と息を吐いた後、唇を閉じる。一気に口を開き「プッ」と息を吐いてすぐに「ルッ」と声に出す。[例:split]
spr[スプゥル] 「ス」と息を吐いた後、唇を閉じる。一気に口を開き「プッ」と息を吐いてすぐに「ゥルッ」と声に出す。[例:spray]
thr[スゥル] 舌先を前歯で甘く噛み「ス」と息を出した後、すぐに舌先をまいて「ゥルッ」と声に出す。[例:three]
str[スチュゥル] 「ス」と息を吐いた後、すぐに舌を巻き「チュゥルッ」と声に出す。[例:street]
scr[スクゥル] 「ス」と息を吐いた後、「ク」と声を出す。すぐに舌をまき「チュゥルッ」と声に出す。[例:screen]

3つでも1文字なので、素早く読むのがポイント。

 

 

 

母音同士の組み合わせ

母音がくついて一つの音になる。
これを勉強しておけば、例えば「meet」と「meat」が全く同じ発音になる謎がわかると思うよ。

 

母音のペア

発音の仕方

ai[エィ] 普段よりも口を横に引き、ハッキリ「エ」と発音したのち「ィ」を付けたす。また、ayも同じ発音。[例:dayit]
ie@[イー] 普通に「イー」と発音。強めに口を横に引っ張るのがポイント。[例:piece]
ieA[アィ] はっきりめに「ア」と発音したのち軽く「ィ」をつけたす。[例:lie]
ue/ui[ウー・ユー] 普通に「ウー」あるいは「ユー」と声に出す。[例:blue]
ea/ee[イー] ieと同じく、日本語の「イー」でOK。やはり口の形がポイント。[例:read]
oa[オゥ] 軽く口をすぼめて「オゥ」とハッキリ声に出す。ちなみにowも同じく「オゥ」と発音する。[例:road]

どれもほぼ、日本語発音なのでなんの苦労もしないはず。

 

 

 

音が変わる母音の組み合わせ

こっちも母音ペアの紹介だけど、2つの母音が新しい音を作るんだ。
例えば「look」の「oo」。この組み合わせで「ウ」となるように全く違う発音に変化する。
ちょっぴり、ややこしいけどこれを勉強すれば、非常に単語が覚えやすくなるよ。

 

特殊な母音ペア

発音の仕方

oi/oy[オィ] 普段より少し口をすぼめた「オ」。[例:oil]
ou/ow[アゥ] ハッキリ「ア」と発音したのち「ゥ」をつけたす。[例:cow]
ew[ウー・ユー] 日本語発音でOK。読み方が2通りあることだけ覚えておこう。[例:grew]
ei[エィ] はっきりと「エ」と発音したのち軽く「ィ」をつけたす。[例:eight]
oo@[ウ] のどから短く「ウ」を出す。[例:book]
ooA[ウー] 口をすぼめて「ウー」と声を出す。[例:moon]
au/aw[オー] 大きな口で「オー」と音を伸ばす。若干、発音に「アー」も入り混じる。[例:august]

特殊な読み方だけど、多くの英単語に使われているので、どっかで見たことがあるはず。

 

 

 

母音とrの組み合わせ

母音とrの組み合わせは、「r」の影響で発音はこもった響きになる。
語頭の「r」の発音は苦手な人も多いけど、母音+rは簡単なので大丈夫。

 

母音+r

発音の仕方

ar[アr] 大きな口で「アー」と音をのばしながら、舌を巻く。[例:car]
or/ore[オァr] 普段より、口をすぼめ「オー」と音を伸ばしながら、舌を巻く。[例:port]
er/ir/ur[アr] 少し力の入った巻き舌で「ア」と発音。「ア」と「ウ」の中間音。[例:turn]
air/are/ear@[エァr] 口角を横にひき「エァ」と音を伸ばしながら、舌を巻く。[例:fair]
earA[イァr] 口角を横にひき「イァ」と音を伸ばしながら、舌を巻く。[例:dear]
eer/ere/ier[イァr] 上の「ear」と同じ。[例:here]
ire[アィァr] 大きな口で「アィ」と音を伸ばしながら、舌を巻く。[例:fire]
our/ower[アゥァr] 大きな口で「アゥ」と音を伸ばしながら、舌を巻く。[例:hour]
oor/ure[ウァr] 大きな口で「ウァ」と音を伸ばしながら、舌を巻く。[例:sure]

「r=巻き舌」と覚えればいい。rの部分の音は、くぐもった音になれば正解。

 

 

 

サイレントE

冒頭の方で軽く触れたサイレントE。語尾が「母音+子音+e」の時に、母音がフォニックス読みからアルファベット読みになり、eは発音しないだったよね?

 

eを読まないからサイレントEと名付けられたんだ。

 

アルファベット読みは、ほとんど日本語に近く「A(エィ)・I(アィ)・U(ウーまたはユー)・E(イー)・O(オゥ)」となる。

 

ポイントは、Aは「エー」と音を伸ばすのではなく「エィ」、Oも「オー」ではなく「オゥ」と発音すること。

 

サイレントE

発音の仕方

a[エィ] [例:make,late,have,create]
i[アィ] [例:live,five,nine,time,tribe]
u[ユー・ウー] [例:rule,include,cube,flute]
e[イー] [例:breeze,theme,scene,eve]
o[オゥ] [例:some,home,role,stone]

結構、例に挙げたものは知っている単語ばかりだと思う。サイレントEルールの読み方をする英単語はいっぱいあるんだよ。

 

 

 

その他のフォニックスルール

つぎに挙げるのは、一見、特殊なルールだけど基本的な英単語に多いので実はそんなに難しくないはず。

 

その他

発音の仕方

語尾y[アィ] iのアルファベット読みで「アィ」。[例:cr]
li/lly[リィ] 発音は普通に「リィ」。こっちのyは母音読み。[例:leally]
al/all[オーゥ] 大きな口で「オー」と伸ばし最後に「ゥ」を足す。[例:call]
si[ヂュ] ほぼ日本語の「ヂュ」だけど、舌先はどこにも触れない。[例:television]
igh[アィ] ハッキリと「ア」と声を出した後に「ィ」を足す。普段より口角をひくのがポイント。[例:high]
oul[ウ] 喉の奥から短く「ウ」。この形はあまり使われていないけど基本となる英単語に多い。[例:could]
a[アー] 大きな口で「アー」と伸ばす。[例:father]
o/ou[オー] 大きな口で「オー」と伸ばす。[例:bought]

例えば、「high」「tight」の中の「gh」の部分、なんで発音しないのか疑問ではなかったかい?もうお分かりの通り、「igh」で一つの音なんだよね。結構、ためになったでしょ?

 

 

最後に問題を出そうか?

 

上のフォニックスルールだけで【displeasure】を読んでみてくれ。

 

たぶん、初めて見る単語だと思うけど絶対に読めるはずだ!

今月の「英子のおすすめ」ダョ♪

スカイプ不要のオンライン英会話、NativeChamp(ネイティブチャンプ)が超おすすめダョ!登録者全員、3月2日オープンから5月末日まで、毎日無料で何度でもレッスン受け放題なのです!

気になるお値段も月額5,000円とかなりリーズナブル!ってか最安値のオンライン英会話!まずは無料レッスンからスタートしちゃいましょう♪