ビジネス英語/敬辞例文

 

敬辞は、英文メールを書くときに、1番はじめに書く相手の名前に付ける敬称。

 

例えば日本では田中様、斎藤様のように送り主に対して「様」付けて書くと思う、これが「敬辞」だ。ビジネスにおいて、いや普段でも相手を呼び捨てすることは失礼にあたるよね?

 

また、英語での敬辞は相手の性別、身分によって変わるので覚えておいた方がいいよ。

 

一般的な敬辞文

男性へのメール … Dear Mr.(男性の姓),
女性へのメール … Dear Ms.(女性の姓),

 

親しい間柄

Dear (名前),
Dear (ファーストネーム),
Hi (名前),
※姓じゃなく名前で書く。

 

 

相手が特定の個人では無い時の丁寧語

男性へのメール … Dear Sir,
複数男性へのメール … Dear Sirs,
女性へのメール … Dear Madam,
複数女性へのメール … Dear Madams,
※予約時などの、儀礼に使うことが多い。

 

 

夫妻に向けての敬辞

Dear Mr. and Mrs.(夫妻の姓)

 

 

婦人団体に向けての敬辞

Ladies,

 

 

医者や博士に向けての敬辞

Dr.(相手の姓),

 

 

教授に向けての敬辞

Dear Professor(相手の姓),

 

 

カスタマーサービスに向けての敬辞

Dear customer service,
※これで【カスタマーサービス御中】となり品が良くなる。

 

 

販売担当者に向けての敬辞

Dear sales representative,

 

 

「ご担当者様、関係各位」と言いたい場合

To whom it may concern,

 

 

会社など組織に向けての敬辞

Dear Sirs,

 

 

同業者あるいは同僚に向けての敬辞

Dear colleague,

今月の「英子のおすすめ」ダョ♪

スカイプ不要のオンライン英会話、NativeChamp(ネイティブチャンプ)が超おすすめダョ!登録者全員、3月2日オープンから5月末日まで、毎日無料で何度でもレッスン受け放題なのです!

気になるお値段も月額5,000円とかなりリーズナブル!ってか最安値のオンライン英会話!まずは無料レッスンからスタートしちゃいましょう♪